So-net無料ブログ作成

通り雨 [小説、本]

今朝、出勤の途中駅に向かいながら、案の定雨が降り出し、

「やっぱり・・・・」と思いながら、傘をさしたら、あっという間にすごい大雨状態の雨脚。

そして、ものの15分ちょっとで雨が止んでしまいました。

朝の天気予報では午前中雨、午後は曇り。

でも普通、雨の日はもっと長い時間で、もっとゆっくり振り続けるイメージ。

今朝の雨は通り雨のような感じでしたが、イメージ的には夕立のような、まさにスコールといった風情。

やっぱり、温暖化で、日本はもはや温帯湿潤じゃなくて、亜熱帯へ変化しているのではないかと、

身を持って何かしらの恐怖を感じました。

やはり、なるべく車は使わず公共のものに乗ろう、家での冷房は減らそう、

使わないコンセントは抜いて、ごみを減らして、今以上にリサイクルして、

テレビを見ていないときはだらだらせず消そうと、

まず日々できることを改めて思い返したりしました。

それにしても、明日で8月も終わり。

暑さにもさよならといいたいところですが、残念ながら残暑はことのほか厳しい模様です。

そんな暑い今年の夏の私の読書は「浅田次郎」でありました。

泣きの浅田と言われますが、どっぷり暑いのに、はらはら泣きこれまた熱い心で

読んでいた夏でした。

特に、浅田氏の作品の泣きもの(極道ものはまちまちしか読んでません)は

ほとんど読んだはずですが、タイトルの雰囲気や他に読みたいものに浮気して

読みそびれていたものも、結構もらさず読んだ夏であったと思います。

特に「日輪の遺産」はよかったです。

一見、タイトルだけだと小難しい歴史物に感じますが、

読み終わった後は、サスペンスもあるし、なんだか大人にとっての

少しほろ苦い童話だという感じがしました。

私などは、吹けば飛ぶような小さな存在ですが、それでも歴史を造っているひとりでは

あるのだと、なぜか実感をしたりもしました。

だからこそ、宇宙船地球号はタイタニックにはしないのだと、

そのためにできることをまずやろうと思う今日この頃です。














日輪の遺産 (講談社文庫)

日輪の遺産 (講談社文庫)

  • 作者: 浅田 次郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1997/07
  • メディア: 文庫


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 4

horigon

浅田次郎さんは、気になる存在ではあるんですが、未だに
読んだことがありません。
やはり、リアルでご活躍の作家の作品を読まないといけませんね。

地球環境のこと、本当に心配です。
おっしゃるとおり、小さなことかもしれませんが、まず、身の回りで
自分の出来ることをやろうと思っています。
それから、政治家は、いろいろな利権争いを超えて、宇宙船地球号
を守ってもらいたいですね。
いずれにしても、人間の英知は必ずこの危機を乗り越えると信じたいものです。
by horigon (2007-08-31 06:11) 

たいへー

自分の家は綺麗にするのにね。
地球全体も掃除出来るはずなんですけど・・・
by たいへー (2007-08-31 09:30) 

takepii

horigonさん。
いつもありがとうございます。
そうですね。
人間の英知がこの危機を乗り越えてそれが、
何かしらの糧になれば・・・・と思います。
ぜひ、お読みくださいませ。

たいへーさん。
いつもありがとうございます。
本当ですね。
自分の家はきれいにしますよね。
大きな家であるはずですものね。
by takepii (2007-09-09 11:21) 

鯉三

わたしもまだ浅田作品を読んだことがありません。
読まず嫌いで済ませないで、ちょっと軽い気持ちで読んでみようかな。
こちらはずいぶん過ごしやすい気候になりました。
by 鯉三 (2007-09-11 00:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。