So-net無料ブログ作成
検索選択
小説、本 ブログトップ

通り雨 [小説、本]

今朝、出勤の途中駅に向かいながら、案の定雨が降り出し、

「やっぱり・・・・」と思いながら、傘をさしたら、あっという間にすごい大雨状態の雨脚。

そして、ものの15分ちょっとで雨が止んでしまいました。

朝の天気予報では午前中雨、午後は曇り。

でも普通、雨の日はもっと長い時間で、もっとゆっくり振り続けるイメージ

今朝の雨は通り雨のような感じでしたが、イメージ的には夕立のような、まさにスコールといった風情。

やっぱり、温暖化で、日本はもはや温帯湿潤じゃなくて、亜熱帯へ変化しているのではないかと、

身を持って何かしらの恐怖を感じました。

やはり、なるべく車は使わず公共のものに乗ろう、家での冷房は減らそう、

使わないコンセントは抜いて、ごみを減らして、今以上にリサイクルして、

テレビを見ていないときはだらだらせず消そうと、

まず日々できることを改めて思い返したりしました。

それにしても、明日で8月も終わり。

暑さにもさよならといいたいところですが、残念ながら残暑はことのほか厳しい模様です。

そんな暑い今年の夏の私の読書は「浅田次郎」でありました。

泣きの浅田と言われますが、どっぷり暑いのに、はらはら泣きこれまた熱い心で

読んでいた夏でした。

特に、浅田氏の作品の泣きもの(極道ものはまちまちしか読んでません)は

ほとんど読んだはずですが、タイトルの雰囲気や他に読みたいものに浮気して

読みそびれていたものも、結構もらさず読んだ夏であったと思います。

特に「日輪の遺産」はよかったです。

一見、タイトルだけだと小難しい歴史物に感じますが、

読み終わった後は、サスペンスもあるし、なんだか大人にとっての

少しほろ苦い童話だという感じがしました。

私などは、吹けば飛ぶような小さな存在ですが、それでも歴史を造っているひとりでは

あるのだと、なぜか実感をしたりもしました。

だからこそ、宇宙船地球号はタイタニックにはしないのだと、

そのためにできることをまずやろうと思う今日この頃です。














日輪の遺産 (講談社文庫)

日輪の遺産 (講談社文庫)


細雪 [小説、本]

関西に移り住んで随分と経つのに、

先日初めて友人を訪ね、初めて芦屋に降り立ちました。

その時は、あんまり時間がなかったので、いわゆる山の手の高級住宅地には

行ってないのですが、街の条例で歓楽街やパチンコ店すらない芦屋は

関西地方ではやはり異色の街と言えるよなあとつくづく感じたものです。

今度、その友人にせっついて、芦屋にあるお金持ちの家を見に行こうドライブの旅

を企画しているので、それを楽しみにしている次第です。

今回、芦屋に初めて行ったのを機会に、せっかくだから、

少女と呼ばれていた頃以来読んでいない「細雪」を読み返しております。

初めて「細雪」を読んだ頃は、大阪にも暮らしておりませんでしたし、

船場、上本町、芦屋、梅田・・・・と細雪の舞台となる街の名前が出てきても、

ただの街の符号でしかありませんでした。

大阪に居をかまえて、そこで結婚もし、下手すると死ぬまでそこが安住の地となるかもしれない

今となっては、その時代にしては浮世離れした4姉妹の生活がなんだか身近なものに

感じるのはとても不思議なことでした。

いい年をして、子どももいるのに、頭を悩ます大部分は30を越えてお見合いのうまく行かない

妹の結婚、着物の帯が動くと鳴るといっては着替え、お芝居や花見、蛍狩りに興じ、

まったく生活感の感じられない彼女たちの生活がうらやましくてなりません。

確かに、物語の後半は軍靴の響きはそこかしこに聞こえ、

世間体や病気や旧家の没落や当事者にしか分からないそれなりの苦労などあるし、

彼女たちの生活は、きっとあの物語の終わりの後、早かったら1年も聞こえないうちに

ガラッと様変わりしてしまうに違いないけれど、

やはり女と生まれたからにはいい年になっても、ああいう女の子らしいことにだけ、

心を砕き生活したいと思うものです。

まだ、読み返し途中で終わりまで、届いていないので、

この彼岸の休日に、

申し訳ないですが、先祖の方々にご挨拶にいけるほど、

近くにお墓がございませんので、心の中でお詫びを言いつつ、

また本を広げようと思っているところです。

桜の季節はもうすぐですね。







しがないけど、かっこいいオヤジ。 [小説、本]

「世は無常」というのは、日本人ならある程度こころに思っているものであるように思います。

「ゆく川の流れは絶えずして、然ももとの水にあらず」とはよく言ったもので。

「祇園精舎の鐘の音 諸行無常の響きあり」は年端のいかぬ私でも、本当の真実と

決めかかっている節があります。

今のこの時が永遠とまではいかなくとも、思う存分心ゆくまで味わいたいと思う前に

あっと本当に言っている間に時間といういかんともしがたいものが手の中をすりぬけてしまう

というのは事実。

全く関係ないことではありますが、私が世は無常だなあと思うときはたくさんあります。

高尚なことから、本当にくだらないことまでたくさんありますが、

そのことの一つに男に生まれたかったなあと言う思いがあります。

男女わけ隔てなく育てられる世代に生まれた私ですので、女として不条理を

感じることはありませんでした。

ただ、男同士のあれこれなど、友人関係ひとつとってもなぜか女同士とは違い、

なんかいい感じがするのです。

ちょいワルなんて言葉もオヤジにつけるから、かっこいいのであって、

ちょいワルオバチャンは・・・意地悪ばあさんのイメージになっちゃうし、何か違う気がします。

いいかげんそろそろ女ざかりを迎えた今でも、男になって見たいなあと思います。

化粧したり、きれいに着飾ったり、子どもを生んだり、いつ終わるともわからない井戸端会議

をするのも、女性だからこそできる楽しいものはたくさんあるのですが、

男同士の世界でちょっとやってみたいなあと思ってしまいます。

最近特にその傾向が強いです。

というのも、ある小説にこんなオヤジ(お父さんではなく、世で言うおっさんという方のことです)

が出ていて、ぜひこんなオヤジになりたいなあとつくづく思ったからです。

佐藤雅美氏の小説「物書同心居眠り紋蔵」の主人公藤木紋蔵。

この紋蔵氏は、ぱっと見ぱっとしないオヤジだけど、すごくいいですね。

最近ふと本屋で手にとって、読み始めあまりのおもしろさにブログに書いてしまいましたが、

きっと時代小説好きには定番なのでしょう。

ドラマ化されたそうですから。

読むとやっぱりつくづく男同士の付き合いとやらを一度でいいから

やってみたいと思うばかりです。

こんなくだらないことばかりで、「無常」を感じているわけではありません。

いちばん感じるのはこういうことです。

私が好きな映画監督のひとり「ロバート・アルトマン」氏が20日亡くなりました。

今年のアカデミー賞で名誉賞をもらった時はまだこれからたくさんのステキな

映画を作り続けてくれるのではと期待させてくれるくらいよいスピーチをされていました・・・。

この方も自分なりのこだわりを持つかっこいいオヤジのひとりでありました。

ご冥福をお祈りします。


物書同心居眠り紋蔵

物書同心居眠り紋蔵


四両二分の女―物書同心居眠り紋蔵

四両二分の女―物書同心居眠り紋蔵

  • 作者: 佐藤 雅美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2005/02
  • メディア: 文庫


お尋者―物書同心居眠り紋蔵

お尋者―物書同心居眠り紋蔵

  • 作者: 佐藤 雅美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2002/06
  • メディア: 文庫


隼小僧異聞―物書同心居眠り紋蔵

隼小僧異聞―物書同心居眠り紋蔵

  • 作者: 佐藤 雅美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1999/06
  • メディア: 文庫


密約―物書同心居眠り紋蔵

密約―物書同心居眠り紋蔵

  • 作者: 佐藤 雅美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: 文庫


淋しくもあり 楽しくもあり [小説、本]

私が、よく読んでいる雑誌と言えば、もちろんファッション中心の女性誌はもちろんきちんと欠かさず

読んでいますが(コンビニで立ち読みですが)、ビッグイシューは販売されているのを

見かけるだけでうれしくなってしまいます。ビッグイシューとはけっこう一風変わった雑誌で

内容はハリウッドスターのインタビュー、ひきこもり、サブカルチャー、ドメスティックバイオレンス

地球温暖化、格差、貧困、ホームレス、映画、アート、食事、音楽、コラム、戦争、平和、世界、日

本・・・扱っている話題は多岐に渡っています。

フルカラーにかかわらず、たった200円。月2回の発売。―ただ、本屋にはない雑誌。

ビッグイシュー販売員が道端に立って声をかけながら、売っています。

彼らはホームレスですが、社会復帰の第一歩として販売員をしているそうです。

その販売員の方の日常の声も雑誌の中には載っています。

ホームレスの自立を促進という目的でイギリスから始まったビッグイシューですが、

目的もさることならが、内容がすばらしいにもかかわらず、まだ全国販売には至っていません。

東京大阪を中心としたいくつかの都市のみと言ったほうがよい位かもしれません。

その雑誌の中にとても心に響く言葉がありました。

「人の世は死ぬ時までの暇つぶし 淋しくもあり 楽しくもあり」

暇つぶしだと思うと、生きるという行為はそれほど高尚なものでもなく、

バカらしいこともすごく意味があるように感じて、なんだかすごくほっとしてしまいました。

とかくこの世は生き辛く、自分らしさや、社会との適応力や、アイデンティティや、体力や、

美醜や、貧富や、性別や、人種や、言葉や、生まれた国や環境ということに、

人は惑わされないようどんなに気をつけていても、それを思い悩み苦しんでしまいます。

ある人からしたら、どんなに恵まれているように見えても、その人なりの苦しみを抱えています。

でも、その人生は、いずれ来るその瞬間までの単なる時間つぶしだと思うと、

たとえハナクソほりほりするだけの人生の過ごし方でも(しないですけど)生きている意味があるの

ではないかと思ってしまいました。人からみたら生きてる意味のないくだらない人生でも、いい

んだ!という感覚とでもいうのでしょうか。

思い通りにはイカナイケレド、それなりにアホらしく、それなりに美しい人生。

それにしても、販売していない地域の方にもぜひ読んでもらいたいですね。ビッグイシュー。

ニュースには出てこない切実な問題が実は山積みなのだと、わたしは、

それでいつも気づかされるから。

ちなみに北は青森で、広島が南端らしいです。現在は。




戦争のつくりかた。 [小説、本]

今週は年に3度くらいしかない私の病気週間。そう、年に3回だけ風邪や胃痛やインフルエンザに

かかってしまうという時期が存在するようですが、例年になく6月のこの時期に来てしまったようで

す。ぼろぼろになりながらようやく仕事を終えた週末です。

それでも、今週はお気に入りの本屋ヴィレッジヴァンガードで今年のベストワンになりうるいい本を見

つけたのです。

それは、一冊の絵本です。

「戦争のつくりかた」

戦争を生きて抜いた祖父母には聞けない話が、小さな子どもにも

理解できうるくらいシンプルだけどそれだからこそわかりやすく心にぐさりと来てしまいます。

「世界がもし100人の村だったら」と一緒に本棚に並べて欲しいくらいです。

私の父方の祖母は、空襲の時とにもかくにも火の中を逃げるということで、布団に水を含ませて

全力疾走で火の中を逃げ切ったそうです。その後、偶然にも家のほんの周辺だけ焼け残ったと聞い

て、さて家に帰ろうと布団を抱えなおしたところ、あまりの重さにびっくり仰天。それこそ火事場の馬

鹿力だと聞いたりはしたものです。

でも、照れのある肉親間では聞ける話はこれくらいでしょう。

その他戦争文学といわれるものにも優れた作品は、わたしが学生の頃読んだ作品を除いても

たくさんあります。が、この本は小学1年生でも下手すると明解な読めそうな文体や

一目でわかる挿絵だから

こそ

余計に心を切り刻みそうな恐怖へいざないます。ホラー映画を観た時とは全く違う、

ざらつく心を逆なでしそうな程に。

ぜひ、いろんな人に読んで欲しいし、感想も聞いたりしてみたいものです。

しょせん私の戯言などキレイごとだと言われてしまうかもしれませんが。

それでも、人を殺すことが正義だと言い切ってしまう戦争を正しいとは決して言いたくはないと

考えて仕方がないのです。


戦争のつくりかた

戦争のつくりかた

  • 作者: りぼん・ぷろじぇくと
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2004/07/27
  • メディア: 単行本


ぼんくら [小説、本]

もし、世の中にある小説の中で、いちばん好きなものをあげろ!と神さまが言ったら、この本を上げ

ると思います。 -宮部みゆき著 「ぼんくら」-

舞台は、江戸時代で、種類にしたら、時代物とでもいうのでしょうか・・・

江戸の深川同心が主人公で、ある長屋を舞台に展開していくんですけど、読んでいるうちに、あれ

よあれよと引き込まれていくんですよ。人物がいいんですよねえ。普通、TVや他の小説だと、

この主役の同心がヒーローじゃないですか。でも、普通のずるくて、仕事をサボっ

たり、鼻毛をぬきぬき話したり、奥さんの尻にひかれてたりする、普通の中年なんですよ。

描かれている他の人も、いい人ほど損をしたり、なんかリアリティも持ちつつ、でも、

小説の面白い醍醐味はある。いい意味、読者はいっぱい裏切られます。

こういうの読むといいなあと思います。これには、続編もあります。「日暮らし」という

これもいいですよ。

これ帯に、「ああ、読み終えるのがもったいない」とあるのですが、まさに2つともそのとおりです。

「ぼんくら」は、単行本になっていますが、「日暮らし」はまだです。

ぼんくら

ぼんくら



日暮らし 上


日暮らし 下



「しんちゃん」が死ぬほど好き(^^) [小説、本]

いつものように、ネットでニュースを見ていたら、わたしの「しんちゃん」が出ていた。彼はすごく人気

者だが、軽率な言動と、上品とはま逆の行動と、きれいな女大好きでナンパなところと、人並み以

上のエロエロぶりで、いつも、批判記事しかみたことなかった。それなのに、今日はめずらしく、オリ

ンピックが開催されているこの時期に、「代表」になったそうだ。すごーい!!

と、本当にすみません。馬鹿話はこれくらいにします。みなさん、気づいてますよね。そうです、この

人は、「クレヨン」しんちゃんです。本当に馬鹿ですねえ。わたし。今日は、初めて、記事にNiceがつ

いた日でうかれてました。でも、クレヨンしんちゃん大好きなんですよ。かれこれ、15年ほどの。

マンガもアニメもよく見てます。映画もさすがにまだ子供を持ってないので、映画館までは、行ってま

せんが、新作ビデオのときに1泊2日で高いのに、かりちゃうくらい好きです。

今回、しんちゃん家族は「核家族」の代表に選ばれたそうです。社会の教科書に載るそうですよ。

ちびまるこちゃんは、「大家族」だそうです。わたしの家(実家)は「大家族」でした。母は確かに、

よく働いていました。そう考えると、みさえは昼寝、長電話、間食して、片づけが下手だと、息子のし

んのすけに言われてますね。対して、ちびまるこちゃんのお母さんは、まるちゃんが学校から帰って

くると、常に台所にいたような。しかも変な父ヒロシとくらべて、良識的で模範的なお母さんと言うイメ

ージ。そういうのは、「核家族」「大家族」の差でしょうか・・・うーん。

ちなみにうちの母はあまり、参考になりません。家事はよくやっていましたし、料理は上手だし、で

すが、家のなかで一番の酒飲みでしたから。舅、姑の前でも、がぶがぶでしたから。

何か、これについて、ご意見ある方いたら、教えてくださいね。


小説、本 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。